海外旅行保険に加入するならインターネットを利用しよう

損害賠償額について

自転車事故

漕ぐだけでガソリンも要らずどこにでもスイスイ行くことが出来る自転車は非常に魅力的でしょう。自転車に乗ってサイクリングというのは非常に微笑ましいものです。正しい使い方をすれば非常に便利ですが、一歩間違えると凶器にもなるものといえば自動車があります。自動車免許を取得する時はこの意識を持つことを徹底的に学ぶことになるため、自動車を乗る時はそれなりに凶器でもあるという意識の元ハンドルを握ります。一方自転車はというとそういう意識を持っている方はまだ少ないでしょう。免許制でも無ければ強制保険加入条件があるわけでもありません。そのため安易にハンドルを握って漕いでしまいますが、自転車も凶器になるものの1つなのです。実際に自転車事故をおこしてしまうと、思ってもみない様な被害を与えてしまうこともあります。特に対人事故では死亡事故に繋がることもあり、意識の改革が急務になりつつあります。

新聞の見出しにもなることも増えている自転車事故ですが、読んでいてその賠償請求額に驚いた経験がある方も多いでしょう。自転車による事故というと擦り傷や打撲、転倒といった比較的軽傷をイメージしがちですが、それは運が良い場合といえるでしょう。例えば横断歩道で信号待ちをしている歩行者に対し脇見運転で後方からぶつかってしまい、走行中の自動車に轢かれてしまうなども立派な自転車事故です。また高齢者にぶつかり、転倒の末に頭を強打してしまい後遺症が残ってしまうということも無いとはいえません。つまり自転車も走行中であればどんな事故を起こすか分からないもので、場合によっては非常に恐ろしい事故を起こすことも考えられます。一般的にもし事故を起こしてしまい、相手を死亡させた時は数千万円から数億円の損害賠償額が請求されます。後遺症が残ってしまい日常生活に支障が出来てしまった時は生涯金銭的なサポートをすることにもなるでしょう。自動車であれば強制保険制度なため保険で幾らか対応することも出来るでしょうが、自転車保険の認知率と加入意識は低く、加入していない場合は全て全額自己負担になります。事故を起こしてからでは遅いとはまさにこのことです。自転車を購入するのであればついでに自転車保険にも加入するという意識を持つ事が大切になってくるでしょう。