海外旅行保険に加入するならインターネットを利用しよう

保険料の相場

男女

自転車による事故が増え、中には死亡させてしまうような大事故を起こす件数というのも増えてきています。そのためたかが自転車でもされど自転車と保険によってもしもの事故に備えようという流れが出来つつあります。数年前まではそもそも数も少なく認知度も無かった自転車保険ですが、このような背景のおかげで現在では様々な保険の種類が登場してきています。そのため各保険によって保険料の価格も大きく異なり、また保険の内容自体も多様化しています。自転車は道路交通法では軽車両に入るため、自転車保険と聞くと自動車と同様な額を支払う必要があるのではと思い込んでいる方も多いでしょう。しかし自転車保険は以外にリーズナブルな価格が多く、年間数千円から存在します。また既に自動車保険に加入している方で、加入先の保険会社の商品に自転車保険がある場合は、更に安く年間1000円から3000円程度で付随させることも出来る場合もあります。通常自動車保険といえば数万円支払うのは当たり前なので、相場の金額を聞くと損害賠償額が不安になる方もいるでしょうが、最高でも億単位の賠償額のプランも存在しています。

保険料は保険の内容によっても大きく変わってきます。勿論対象となる方の年齢によっても大きく変わってくるでしょう。その理由としてやはり歳が若ければ若いほど自転車の利用率も高くなり、それだけ事故率も増えてきます。そのため年齢が若くなるにつれ料金は高くなる傾向にあります。また利用する自転車のタイプによっても加入するタイプが異なるでしょう。例えばロードバイクなどのスポーツ仕様で、スピードも出る自転車であればそれだけ事故を起こしたときの被害も大きくなってしまいます。逆にママチャリなどの一般的なシティーサイクルだとスピード自体に制限があるため料金も下がってくるでしょう。