海外旅行保険に加入するならインターネットを利用しよう

自転車保険の必要性

自転車

自転車という乗り物は非常に便利です。ちょっとした距離であればすいすいと目的地まで行くことが出来ます。子供からお年寄りまで乗ることが出来るのも魅力的で、場所もとらないため例えば駐車場の無い賃貸であっても所有することが出来ます。自転車の使用率が増えて行くのは極自然的なことで、近年では節約志向が多くの方に浸透してきたこともあって、コレまで自動車を利用していたという方も自転車に切り替えている方もいます。ここまで一般的になってくると自転車自体の量も増え、それに伴いマナーのない利用者というのも目に余るようになってきました。近年では自転車事故による死亡事故件数も非常に増え、自転車は自動車と同じで間違った使用では凶器になることもあるということが多くの方によって叫ばれています。道路交通法では自転車とは軽車両の1つに入り、立派な車両になります。そのため乗った時点で車両を操作することで様々な義務が発生してきます。道路交通法に則った利用をしなければそれなりに罰則があり、もし自転車事故を起こしてしまえば自動車同様に損害賠償責任を負うことになります。

自動車であれば乗る際に必ず自賠責保険に加入しなければならないため、万が一事故を起こしたとしても保険が適用されます。しかし車両でありながらまだまだ法整備が整っていない自転車は現在時点では免許が必要なければ保険も不要で乗ることが出来ます。しかしながら自転車の量自体が増えてきた現在ではマナーを守って走行していても事故を起こされるという可能性も多くなってきています。自転車を乗らないのではなく、自己保護するためにも自転車保険の加入は非常に重要といえるでしょう。自転車保険にも様々な種類があります。軽車両なため対人事故を起こしたときの損害賠償は場合によっては数億円になることも珍しくなく、この補償金額も保険の種類で異なります。