法人化したい時などに利用

金額を見極めよう

農業を法人化したり、自分が育てている野菜を使った加工品を販売する事業を行ったりする時も起業になるので、それなりに資金が必要です。
審査を申し込むと思いますが、無駄に大きな金額を借りないでください。
かなり高い金額を指定すると審査が厳しくなり、通過できなくなる可能性があります。

ですから、本当に足りない金額だけを申し込みましょう。
借りる金額が少ないと、返済の負担を削減できる面もメリットです。
金融機関で資金を融資してもらったら、返済しなければいけません。
負担が大きいと返済できず事業に支障が出たり、トラブルが起こったりします。
申し込む時に、返済計画書も作成しましょう。
計画書通りに返済すれば、トラブルを避けられます。

審査の厳しさを知ろう

金融機関ごとに、審査の厳しさが変わります。
これを知っていれば、自分でも通過できる金融機関を見極められるでしょう。
不安な人は、通常よりも審査が緩い金融機関を探してください。
審査では、社会的な信頼が重要視されています。
初めて起業する人や負債をたくさん抱えている人、これまでに税金を滞納したことがある人は社会的な信頼が低く、審査をなかなか通過できないことが考えられます。

そのような人が無理に審査の厳しい金融機関に相談しても、資金を手に入れられるまで時間が掛かります。
前もって、自分のレベルでも審査を通過できる金融機関を探しておきましょう。
すると困った時にすぐ相談して資金を得られるので、経営が滞ることはありません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る