返済しなくても良い資金

テレワークを導入した会社

感染症対策として、自宅で仕事を行うように推奨している会社が見られます。
すると社員の安全性を守れますが、パソコンやタブレット、またウェブ会議をするためのツールなど、新しく導入しなければいけないものがたくさんあります。
それが原因で資金不足に陥ってしまった会社は、補助金を申請してください。

するとテレワーク化を進めるために必要な資金を提供してくれるので、経費に負担を与えません。
補助金や助成金の良いところは、返済しなくても良い面です。
そのため金融機関から融資を受けるより、まず自分が使える補助金や助成金がないか探しましょう。
受け取れる金額は決まっていますが、複数の補助金や助成金を組み合わせると、かなりの金額になるので大丈夫です。

新人育成に力を入れる

研修を実施して、新入社員を育てることに力を入れている会社も、補助金を受け取ることができます。
その場合は申請する時に、研修の内容を書いた書類を提出してください。
そして条件を満たしていると判断された時に、補助金が支給される仕組みです。
ここで書いた新人教育の内容は、絶対に守りましょう。
後で守っていないことがばれると、補助金を全額返済するように命じられてしまいます。

また詐欺罪で捕まったり、周囲からの信頼を失ったりするかもしれません。
メリットがないので、条件に該当しないのに嘘をつき、補助金や助成金を申請することは絶対にしないでください。
また申請できる期間が決まっているので、早めに調べて申し込みを済ませましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る